地声

【チェストボイス】誰でも力強い地声で歌える3つのコツ!!

【チェストボイス】誰でも力強い地声で歌える3つのコツ!!
LINEで送る
Pocket

あなたは地声で歌うことができますか?

普段から地声で歌う習慣がある方にとっては、地声で歌うことは当たり前のことかもしれませんが、特に女性の合唱・声楽経験者の中には、地声で歌うことができないという方が少なくありません

これは、合唱・声楽では、地声と裏声の境目で起こるブレイク(裏返り)を避けるために、すべての音域を裏声で発声するよう指導されていることによるものです。また、合唱・声楽経験者でなくても、普段から裏声混じりの柔らかい声で話しているという方も、地声で歌えないことが多いようです。

地声を使わないという長年の習慣から、地声を発声するための筋肉が衰えてしまい、例えばカラオケなどで歌おうとしたときに、地声での歌い方が分からないということになります。また、本人は地声で歌っているつもりでも、地声を発声するための筋肉が十分に働かず、裏声に近い、弱々しい地声で歌っている場合もあります。

そこで今回は、力強い地声で歌う方法について解説していきたいと思います。ここで紹介する方法で練習すれば、必ず地声で歌えるようになりますので、是非参考にしてみてください。

※『普段話をするときの声』を意味する場合の地声と区別するため、歌唱に使用する地声を『チェストボイス』と表現する場合があります。

1.地声で歌うメリット

すべての音域を裏声で歌えるのであれば、地声は必要ないと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、地声で歌うことには、以下のようなメリットがあるのです。

1-1.自分の個性が表現しやすい

地声は、裏声に比べて、自分本来の声色が出やすい声と言えます。合唱のように、1つのパートを複数人で声をそろえて歌う時には、個性を出さないようにすることが必要となる場合もありますが、ソロで歌う場合や各パートを一人で担当する場合などには、地声も取り入れて歌うことにより、自分の個性をより自然に表現することができるようになります

1-2.歌える曲の幅が広がる

裏声は低音になるにしたがって弱くなっていくという特徴があり、すべての音域を、高音と同様に力強く発声することはできません。裏声のまま、低音域を無理に力強く発声しようとすることは、呼気で声帯を過剰に圧迫することとなり、のどを壊す原因にもつながります。地声でも歌えるようになると、無理なく広い音域を力強く歌えるようになるため、歌える曲の幅が一気に広がります

地声と裏声の両方を使うことによって、その境目で起こるブレイク(裏返り)に抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれません。しかし、地声と裏声は、トレーニング次第で滑らかに繋げることが可能です。詳しくは【ミックスボイス】地声と裏声をスムーズに繋げる3つの手順をご覧ください。

1-3.地声のような力強いミックスボイス(ミドルボイス)を作り出すことができる

例えば、DREAMS COME TRUE(ドリカム)の吉田美和さんやSuperflyさん、MISIAさんのように高音域を力強く歌うためには、ミックスボイス(ミドルボイス)というテクニックが必要となります。このミックスボイスを作り出すには、地声で使う筋肉と裏声で使う筋肉が同程度の強さを持つ必要があります。普段裏声ばかり使っている人は、裏声の筋肉ばかりが発達しているおり、地声の筋肉はあまり育っていません。積極的に地声で歌うことにより、地声の筋肉を鍛えることができれば、地声のような力強いミックスボイスを作り出すことが可能となるのです。

※ミックスボイス(ミドルボイス)については、1オクターブ高い声だって楽に出せるミックスボイスの秘密をご覧ください。

2.地声で歌うことができない原因

地声で歌うことができない原因についてご理解いただくために、まずは地声と裏声の違いについて簡単に解説していきます。

のどの中には、声帯という二枚のひだがあり、呼吸時には開いた状態に、発声時には閉じた状態になります。この閉じた声帯の間を息が通ることにより、声帯が振動し、声が作られます。

そして、地声を出す時には、声帯を閉じる筋肉が中心となって働くことで、声帯がしっかりと閉じ、声帯自体も分厚く、短くなり、その声色は力強く太いものとなります。

それに対して、裏声を出す時には、声帯を引き伸ばす筋肉が中心となって働くため、声帯の閉鎖は弱まり、声帯自体も薄く、長くなり、その声色は地声よりも弱々しく細いものとなります。

声を出す時は、声帯を閉じる筋肉と声帯を引き伸ばす筋肉が連動して働いているため、どちらか一方の筋肉だけが働くということはないのですが、声帯を閉じる筋肉が優勢に働くと地声声帯を引き伸ばす筋肉が優勢に働くと裏声になるというわけです。

普段裏声だけで歌う習慣がある人は、声帯を引き伸ばす筋肉ばかりを使っているために、声帯を閉じる筋肉が衰え、地声で歌うことができなくなってしまうのです。

※綺麗な裏声の出し方については、【ファルセット】誰でも簡単!綺麗な裏声を出す7つのコツ!をご覧ください。

3.力強い地声で歌うための3つのコツ

力強い地声で歌うためには、声帯をしっかりと閉じる習慣を身につけることが必要です。ここからは声帯を閉じるコツについて解説していきます。

3-1.地声で歌うことに対する抵抗感をなくす

長年裏声で歌うよう指導されてきたことから、地声は『のどに悪い声だ』、『地声で歌うことは良くないことだ』と思い込んでしまっている場合があります。

また、いざ地声で歌おうとしても、声帯を閉じる筋肉が衰えているため、普段から地声で歌っている方よりも負担を感じることが多く、『これは間違った発声方法に違いない』と思い、練習を途中でやめてしまうこともよくあります。

声帯を閉じる筋肉が鍛えられていけば、その負担も徐々になくなっていきます。地声は決してのどに悪い声ではなく、ただ、地声を出すための筋肉が衰えているだけなので、適切なトレーニングをすれば、誰でも地声で歌うことができるようになります。今までの固定観念を思い切って取り払い、安心して地声で歌う練習を続けてください

3-2.声帯を閉じる感覚をつかんで声を出す

声帯が閉じている感覚をつかみ、その状態のまま声を出すことで、地声で歌うことができるようになります。

3-2-1.息を止めて声帯を閉じる感覚をつかむ

声帯は、呼吸時には開いた状態にあり、発声時には閉じた状態になりますので、息を止めることで声帯を閉じる感覚をつかむことができます。まず『あ』の口で大きく息を吸い、口はそのままで息を止めてみてください。そのとき、のどの奥の方で何かが閉じたような感覚があると思います。これが声帯が閉じた感覚です。

3-2-2.エッジボイス(ボーカルフライ)で声帯を閉じながら声を出す感覚をつかむ

今度は声帯を閉じながら声を出す感覚をつかみます。

息を止めて声帯を閉じる感覚がつかめたら、そのまま、できるだけ小さな声を出そうとしてみてください。するとこんな声が出ると思います。

 

これは、声帯が上手く閉じた時に、声帯同士がこすれあってできる音で、エッジボイス(別名ボーカルフライ)と呼ばれています。ホラー映画の『呪怨』で登場する声なので、そちらでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

この音をしっかり鳴らすことで、声帯を閉じながら声を出す感覚を身につけることができます

3-2-3.エッジボイス(ボーカルフライ)の延長で声を出す

エッジボイス(ボーカルフライ)で声帯を閉じながら声を出す感覚がつかめたら、今度はその延長で実際に声を出す練習をしてみましょう。息漏れの少ない力強い声が出たら、それが地声です。いつでも地声を出せるように、何度も繰り返し練習してみましょう。

 

3-2-4.地声で話す練習をする

地声を出すことができるようになったら、日常会話の中でどんどん使ってみましょう。長年の習慣を変えるためには、かなりの時間が必要となります。地声を使う時間が長ければ長いほど、地声で歌えるようになる日も近くなりますので、積極的に毎日地声を使っていきましょう。

3-3.話し声の延長で声を出す

歌は裏声でしか歌えないけれど、話し声は地声という方もいらっしゃいます。そのような場合は、話し声の延長で歌を歌うことで、地声で歌うコツをつかめることがあります。

話し声を徐々に歌声にしていきます。ここでは、最後の母音が『あ』となるように『こんにちは』という言葉で練習しています。慣れてきたら他の母音で終わる言葉にも挑戦してみてください。このとき音の高さは気にする必要はありません。普段話をしている高さで練習してみてください。

 

4.まとめ

地声で歌うメリット

  • 自分の個性が表現しやすくなる
  • 歌える曲の幅が広がる
  • 地声のような力強いミックスボイス(ミドルボイス)を作り出すことができる

力強い地声で歌う3つのコツ

  • 地声で歌うことに対する抵抗感をなくす
  • 声帯を閉じる感覚をつかんで声を出す
  • 話し声の延長で声を出す
LINEで送る
Pocket

1日5分で効果実感!あなたに最適な発声練習が分かる無料体験レッスン実施中!

あなたは発声練習の仕方で悩んでいませんか?

声の状態に応じた最適な練習方法であれば、たとえ1日5分でも声は着実に改善していきます。しかし、練習方法を間違えると、何年やっても効果がないだけでなく、変な癖がついてしまうこともあります。しばらくやっても効果がないと感じる場合には、できるだけ早く練習方法を見直し、適切な練習に切り替えることが大切です。

ボイストレーニング教室 LogiVo では、お一人様一回に限り、無料体験レッスンを実施しております。この体験レッスンでは、あなたの声の状態を分析し、今のあなたに最適な練習方法をお教えします。

定期的にレッスンを受けられている生徒の皆様のレッスン時間確保のため、毎月先着5名様までとさせていただきます。また、限られた時間で最大限のレッスンを実施するため、複数名での同時受講はご遠慮ください。

2017年11月の体験レッスンは、お申し込みが定員に達しましたので、受付を終了いたしました。2017年12月の無料体験レッスンは、2017年11月21日正午12:00から先着5名様で受付を開始します。2017年11月21日正午12:00以降に以下のフォームからお問い合わせください。

ただし、無料体験レッスンの受講せずに入会を希望される場合には、上記日程を待たずにレッスンをご受講いただけます。その場合には、下記フォームの件名に『入会希望』と記入の上、2017年11月以降のご希望の日程を記載して送信してください。

※なお、現在平日18時以降の時間や土日祝日は予約の受付が困難な状況となっており、平日10時~17時(開始時間)で通うことのできる方のみ募集しております。あらかじめご了承ください。

※当教室は京都の教室ですが、遠方の方のためにSkypeでの無料カウンセリングも実施しております。


⇒無料体験レッスンを申し込む

コメント

  1. 歌恋(かれん) より:

    こんにちは。アドバイスを頂きたくてコメントさせて頂きました。
    音楽大学のボーカルコースに通っている女子大生の歌恋と申します。小さい頃から声楽科出身の母の影響もあり、裏声でしか歌を歌っておらず中学生の時はコーラス部でバンバン裏声でソロなどやっていてどちらかと言うと裏声が得意でした。しかし地声で歌いたくて地声で歌ってみたのですがベタッとした苦しい声になってしまい、普通の低音でも出ませんでした。しかし大学のボーカルコースに入りたくて高校3年生から1年間、今の大学のレッスンの先生にボーカルを習い、地声で歌う、という練習をしました。しかし全く成果はでず、伸びるどころかもともと喋り声も高かった声がハスキーになってしまいガラガラで、歌声も相変わらずの苦しいベタッとした歌声で、高音どころか低音でもフラつきひっくり返ってしまい、得意だった裏声も出なくなってしまいました。やはり私の生まれ持った喉の作り的にも、地声で歌うという事は向いていないのでしょうか?大学の方針でブラックミュージックを地声で歌うというのが鉄則で、裏声で歌うと言う事がなかなかできません。地声に聞こえるくらいもっと裏声を強化すべきか、それとも地声で頑張って歌うか、ミックスボイスを習得するか。本当に悩んでいて、ボーカルコースなのに地声でも裏声でも歌を歌えなくて本当につらいです。もしよければアドバイス頂けると幸いです。突然の長文のコメント、ごめんなさい。藁にもすがる思いでコメントさせて頂きました。
    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    1. 伊藤 俊輔 より:

      歌恋様

      コメントありがとうございます。
      喋り声がハスキーになってしまい、ガラガラで、低音でもフラつきひっくり返ってしまい、裏声も出なくなったとのことですが、正直に申し上げて、喉の状態は良いとは思えません。

      直接聞いてみないことには、正確に判断することはできませんが、恐らく歌恋様の地声の出し方が、喉に過剰な負担をかけ続け、喉に非常に悪影響を及ぼしていると思われます。

      今の練習を継続することは、危険性が高いと考えますので、出来れば一旦地声での練習を中止し、裏声での練習に切り替え、声の回復を待たれることが良いかと思います。(裏声の練習には声の機能を回復する効果があります。)

      ただし、誰の喉にも地声を発声するための筋肉は存在しますので、喉の作りとして、地声で歌うことが向いていないということはありません。

      また、裏声は強化しても、裏声の筋肉単独では強くなるのにも限界があり、ブラックミュージックで使うような声には、地声の筋肉の関与が必須になります。

      しかし、地声だけで頑張って歌うということも、歌手としての寿命を短くしてしまうものです。

      私の判断としましては、まずは、一度地声の訓練を休止し、声の回復を待ってから、無理のない方法で(正しい方法で)地声を出す訓練をし(これには非常に時間がかかります)、最終的には地声と裏声の中間的な声であるミックスボイスを習得することが必要と考えます。

  2. 歌恋 より:

    ご丁寧なお返事を頂き本当にありがとうございます。読ませていただき本当に納得しまひた。
    実はずっと病院に通っており、好酸球性副鼻腔炎という事がわかりました。膿を出して鼻の詰まりを取り除くことを今は優先して薬で治療していますが、喉の事も相談すると好酸球菌という菌からきてるのもあるかもしれないと言われ(もちろん私の間違った発声の方法が1番の原因だとは思いますが…)、鼻からカメラを通して声帯の状態を見てもらうと、お医者様も驚くほど何もなっておらず、酷く乾燥しているわけでもなく、ポリープが出来ているわけでもなく、傷んでるわけでもありませんでした…。
    やはり私の発声の方法が悪かったのかなあと思い、毎日喉にミストを直接当てるのと、生理食塩水での鼻うがい、そして家にいる間は一切喋らない、というようにしています。
    9月を過ぎるとまた学校が始まり毎日歌わないといけない日々が来るのでなんとか治したいなあと思っております。
    頂いたアドバイスを参考にして自分の声を変えていけるように時間はかかると思いますが、努力したいと思います。(短大なので2年間の間で相当頑張らなくてはいけませんね(*_*) )
    突然のコメントにも関わらず沢山のアドバイスを頂き本当にありがとうございました。とても悩んでいて頭を本当に抱えますが少しずつ地声の筋肉も鍛え、変えていきたいと思います。
    本当にありがとうございます。

    1. 伊藤 俊輔 より:

      歌恋様

      医師ではありませんので、好酸球菌が発声に影響するものかどうかについてはコメントしかねますが、
      地声の使いすぎ(張りすぎ)により、裏声が出にくくなる例は多くあります。
      喉に異常を感じるようであれば、地声のトレーニングについては慎重に取り組まれることをお勧めします。

      一度声を聴いて判断してほしいということであれば、無料体験レッスンで声のカウンセリングを行っておりますので、ご興味がございましたら、問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。

      この度はコメントをいただきまして、ありがとうございました。

  3. r.o より:

    こんにちは。こといらのサイトを見て、練習させていただいております。
    そこで一つわからないことがあったので質問させていただきます。

    エッジボイスからの延長で声を出す際は喉は閉めたままなのでしょうか?

    やろうとすると、どうしても喉が開いてしまいます。

    1. 伊藤 俊輔 より:

      r.o様

      当記事を参考にしていただき、誠にありがとうございます。

      エッジボイスの延長で声を出す際には、喉は開いていて大丈夫です。
      喉は開きながら、声帯だけを締めるようにして練習してみてください。

コメントを残す

*