理念・プロフィール

すべての人に歌う喜びを

伊藤 俊輔

ディズニーリゾート内 イクスピアリ セレブレーションプラザにて


私は典型的な悪い発声だった!

あなたは今

  • 高い声で歌おうとすると声を張り上げてしまったり、喉が締まったりしてしまう
  • 裏声になると急に声が小さくなってしまう
  • 自分では精一杯声を出しているつもりなのに、もっと大きな声を出してと言われてしまう
  • 数時間歌っただけですぐに喉を壊してしまう
  • 自分の声だけ浮いてしまって他の人と上手くハモれない
  • 正しい音で歌えなくて人前で恥ずかしい思いをしてしまう

などなど・・・

こんなことで悩んでいませんか?

現在ボイストレーニング教室を主宰している私も、実は歌を始めた頃、あなたと同じように歌や発声で悩んでいました。

私の具体的な症状としては

  • 高い声を出そうとすると声を張り上げてしまう
  • 裏声を出すことができない
  • すぐに喉を壊してしまう
  • 自分の声だけ浮いてしまって他の人と上手くハモれない
  • 正しい音で歌えない

というもの。

今から考えると、悪い発声の典型例でした

当時私は、グループで音楽活動をしていたため、『自分が下手なせいでメンバーに迷惑をかけているのではないか?』と不安になり、インターネットを使ってボイストレーニングの情報を片っ端から集めることにしました。

しかし、人によって言っていることが違うので、いったいどれを信じていいのか分からず、見つけては試す、見つけては試すということを繰り返していました。当時は、このまま練習を続けて本当に上手くなれるのだろうか?と不安が募るばかりだったことを覚えています。

ある日突然声が出なくなった!

しかし、そんな努力が報われるどころか、ちまたに溢れる情報に振り回された結果、ある日私は最低音から数えて3半音分しか声が出なくなってしまったのです。。。

それは大切なオーデションの一週間前のことでした。

慌てて病院に駆け込むと、医師からは『どんな歌い方をしたらこんな状態になるんだ!このままだと一生声が出なくなるぞ!』ときつく叱られ、その後安静にはしていたものの、オーデションまでに声が治ることはありませんでした。

本当に効果のあるボイストレーニングは論理的に説明がつくもの!

その苦い経験から、私は二度と喉を壊すことがないよう、世の中のボイストレーニングに関する情報すべてを鵜呑みにすることなく、その中から本当に信頼できる情報のみを取り出すことを心に決めました。

そこで採用した判断基準が『感覚だけに頼った説明になっていないか』『論理的に説明がつくものか』というものです。

その後、そうした判断基準に従って、体系化したトレーニングを続けることで、喉を壊すことなく、かつて約2オクターブしかなかった音域は、現在約5オクターブにまで広がり、また、かつて「発声が悪いね」と散々言われていた私は、いつの間にか「どうやったらそんなに良い発声になるのですか」と度々聞かれるようになりました。

大学卒業後、同じく悩みを抱えるたくさんの方の発声を改善したいという想いから、ボイストレーナーとして活動を開始し、10年以上にわたって、1000人以上の方に指導させていただきましたが、その中で確信したことがあります。それは『感覚に基づいた練習は、合う人と合わない人がいるけれど、論理的に説明がつく練習であれば、自分だけではなく誰にでも効果が期待できる。』というものです。

実際に試してみるとわかりますが、しっかりとした理論に基づき、自分の喉の状態に応じた練習をすれば、たとえ1日5分の練習でも着実に声は改善していくので、多くの方が、すぐに効果を感じ、『今までやっていた発声練習はなんだったのか?』と驚かれます。

心から歌う喜びを感じたとき

私は、歌自体は昔から好きでしたが、発声が悪かった時代、喉に負担を感じながら、また、声に悩みを抱えながら歌うことが非常に苦痛でした。

しかし、この論理的なボイストレーニングを実践し、その悩みから解放されたとき、私は心から歌うことに喜びを感じるようになりました

それが、15年以上経った今でもずっと歌を続けていられる理由の一つかもしれません。

すべての人に歌う喜びを

以前の私と同じように、歌や声の悩みを抱えている方は大勢いらっしゃると思います。

私は、歌う喜びは、より豊かな人生を実現することにつながると思っています。この論理的なボイストレーニングで歌や声の悩みを解決し、あなたの『より豊かな人生の実現』お手伝いをさせていただければ、私にとってこれ以上幸せなことはありません。  

ボイストレーニング教室 LogiVo 

代表 伊藤 俊輔(ステントリアン伊藤)

【プロフィール 】

京都大学法学部卒業

高校時代は洛南高校グリークラブに所属

大学入学と同時に京都アカペラサークル CrazyClef に所属し、ボーカル活動を開始

大学在学中、関東最大のアカペライベント『Japan A cappella Movement』(通称JAM) 、関西最大のアカペライベント『関西アカペラジャンボリー』(通称KAJa!)など多数のイベントに出演

様々なボイストレーニング方法を模索した末に、フースラーメソードとそのフースラーが理想と考えたオールドイタリアンスクールのボイトレメソードを専門とする武田梵声先生(最高の声を手に入れるボイストレーニング フースラーメソード入門(日本実業出版社刊)の著者)に出会い、師事

武田梵声先生から、ギリシャ神話、トロイア戦争に登場する声量の神の声ステントリアンボイスにちなみ、ステントリアン伊藤の芸名をいただく

ボイストレーナーとして日本全国でワークショップを実施

現在までの受講者は1000人を超える

【主な出演実績等】

京都府合唱連盟主催 小アンサンブルコンテスト優勝

全日本合唱コンクール銀賞受賞

JAM2007出演

KAJa!2005、2006、2007、2015 出演

Acappella Open Collection (Season1) 金賞受賞

【ワークショップ実施団体】

image1

Voices合宿 2010、2013、2015

むらさきのうえ♪合宿 2015

北陸学生アカペラ団体DOOR合宿2017

シズオカペラ合宿2016

ヴォーカル関西主催ワークショップ

苗場アカペラ合宿主催ワークショップ

大阪市立大学 Accord

社会人サークル Artifac Tone

宮崎大学 B.O.I

早稲田大学 Choco Crunch

立命館大学(衣笠キャンパス) Clef

京都大学 CrazyClef

福井大学 ふれんど

九州大学 HarmoQ

長崎大学 はもねぴあ

昭和大学 LongFlags

龍谷大学 mix-voice

大阪府立大学 ONE BEENS

同志社大学 One Voices

近畿大学 OverScale

福島大学 Rainbow Pumpkin

立命館大学(南草津キャンパス) Song-genics

静岡県立大学 The Vivaledge

※ その他個人レッスン実績多数