エッジボイスの出し方がわからない人が押さえるべき6つのこと
The following two tabs change content below.

伊藤 俊輔

「お腹から声を出して」「頭に響かせて」といった感覚的なものではなく、解剖学等の根拠に基づいた、論理的かつ具体的でわかりやすい指導をモットーとする京都大学法学部卒のボイストレーナー

高い声を出したり、張りのある声を出すには「エッジボイス」が効果的だとよく聞くけれど、真似しても上手く出せないという方は結構いるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、エッジボイスがなかなか出せないという方に向けて、エッジボイスが出せるようになるためのコツをご紹介したいと思います。

エッジボイスがどうしても出せないという方は是非チャレンジしてみてください。

1.エッジボイスの出し方がわからない人がまず押さえるべき3つのポイント

3つのポイントはこちらです。

  • のどの力を抜く
  • 軽く息を止める
  • 最小限の息の量で一番低い声を出す

順番に解説していきます。

1-1.のどの力を抜く

解説に入る前に、まずはエッジボイスを聴いてみましょう。私の録音を聴いてみてください。

 

エッジボイスは、ホラー映画の呪怨でも使われている声として有名です。怖そうな音なので、のどに力を入れて発声しているように聞こえるかもしれません。そして、その音の印象から、実際にのどに力を入れてエッジボイスを練習している方が非常に多いのです。

エッジボイスは、声帯はきちんと閉じているが、声帯そのものはリラックスしているときに出る声です。力を入れてしまうとのどが詰まってしまって上手く声帯が振動してくれません。

次の録音ような声になっている場合には、もっとのどをリラックスするように心がけてください。

1-2.軽く息を止める

のどの力が抜けたら、今度は次の録音のように、軽く息を止めます。息を止めることで声帯を閉じることができます。力を入れすぎず、軽く息を止めるのがポイントです。

 

次の録音のように息が漏れたエッジボイスになっている場合は、声帯が上手く閉じていません

 

何度も練習して綺麗に音が鳴る力加減を見つけてください。

1-3.最小限の息の量で一番低い声を出す

のどの力を抜き、軽く息を止めることができたら、今度は次の録音のように最小限の息の量で、自分の最低音を出すつもりで声を出してみてください。息を出しすぎると普通の声になってしまいますので、普通の声を出すときよりも少ない息の量を心がけてください。

2.それでもエッジボイスが上手く出せない時の3つのアプローチ

上記のポイントを押さえて発声してもエッジボイスが出せないという方は、次の3つのアプローチを試してみてください。きっかけをつかめる場合があります。

  • 地声を最低音まで下降させていく
  • 寝起きの時間帯を狙って出す
  • まずは息を吸いながら出してみる

順に解説していきます。

2-1.地声を最低音まで下降させていく

地声が出せるという方は、次の録音のように、地声を最低音まで下降させてみてください。地声から上手くエッジボイスに入っていけるかもしれません。この時も下降させながらのどに力を入れないように注意してください。

 

そもそも地声が出せないという方は、【チェストボイス】誰でも力強い地声で歌える3つのコツ!!も併せてご覧ください。

2-2.寝起きの時間帯を狙って出す

寝起きは声帯がむくんで分厚くなっており、声帯同士が接触しやすくなっているため、他の時間帯よりもエッジボイスが出しやすい傾向にあります。普段はエッジボイスが出せないという方でも寝起きには出せるという方はたくさんいらっしゃいますので、寝起きの時間帯を狙ってみてください。そして、上手くできたらその感覚を覚えるようにしておくと、寝起きの時間帯以外でもエッジボイスが出せるようになっていきます。

2-3.まずは息を吸いながら出してみる

息を吐きながらだとできないが、息を吸いながらだと上手くエッジボイスが出せるという方もいらっしゃいます。次の録音のように息を吸いながら出せないか練習してみてください。

 

息を吸いすぎると次の録音のようにのどが詰まってしまうので、ゆっくりと息を吸うのがポイントです。

 

息を吸いながらエッジボイスが出せたら、その感覚をお手本に息を吐きながら出すことができないか練習してみてください。

3.まとめ

いかがでしたか?まだ上手く出せないという方も、この記事でご紹介したポイントを押さえて練習していると徐々にできるようになってきます。根気強く練習してみてください。

エッジボイスが出せない方が押さえるべき6つのこと

  • のどの力を抜く
  • 軽く息を止める
  • 最小限の息の量で一番低い声を出す。
  • 地声を最低音まで下降させていく
  • 寝起きの時間帯を狙って出す
  • まずは息を吸いながら出してみる
あなたの1日オンライン講座で正しい声の出し方を身につけませんか?
  • 歌を歌ったり、大きな声を出したり、長時間話していると喉が痛くなる
  • 飲み会などざわざわした場所では、頑張って声を出しているのに声が通らず、何度も聞き返されて、円滑なコミュニケーションが取れない
  • 喉が締まって高い声で歌えない
  • 息が漏れてしまって、声に芯がなく、マイクに声がのらない
  • 声が揺れる、こもる、かすれる、割れるなど、綺麗な声が出せず、自分の声に自信が持てない、自分の声が好きになれない

これらすべてのお悩みの解決方法を、何度もボイトレに通うことなく、自宅にいながらたった2時間で学ぶ方法があります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事