【チェストボイス】誰でも力強い地声で歌える3つのコツ!!
The following two tabs change content below.

伊藤 俊輔

「お腹から声を出して」「頭に響かせて」といった感覚的なものではなく、解剖学等の根拠に基づいた、論理的かつ具体的でわかりやすい指導をモットーとする京都大学法学部卒のボイストレーナー

突然ですが、あなたは地声で歌うことができますか?

普段から地声で歌う習慣のある方にとっては、地声で歌うことは当たり前のことだと思います。

しかし、女性の合唱・声楽経験者の中には、地声で歌うことができないという方が少なくありません
なぜなら、合唱・声楽では、地声と裏声の境目で起こるブレイク(裏返り)を避けるために、すべての音域を裏声で発声するよう指導されることが多いからです。

また、合唱・声楽経験者でなくても、普段から裏声混じりの柔らかい声で話しているという方は、地声で歌えないことが多いようです。
これは、地声を使わないという長年の習慣から、地声を発声するための筋肉が衰えてしまい、地声での歌い方がわからなくなってしまうからです。

そのほかにも、本人は地声で歌っているつもりでも、地声を発声するための筋肉が十分に働かず、裏声に近い、弱々しい地声で歌っているケースもあります。

そこでこの記事では、力強い地声で歌う方法について解説します。
ここで紹介する方法で練習すれば、必ず力強い地声で歌えるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

※「普段話をするときの声」を意味する場合の地声と区別するため、歌唱に使用する地声を「チェストボイス」と表現する場合があります。

1.地声で歌うメリット

すべての音域を裏声で歌えるのであれば、地声は必要ないと考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、地声で歌うことには、次の3つのメリットがあるのです。

1-1.自分の個性が表現しやすい

地声は、裏声に比べて、自分本来の声色が出やすい声と言えます。
合唱のように、1つのパートを複数人で歌う時には、声をそろえるために、個性をなくすことが必要な場合もあります。
しかし、ソロで歌う場合や各パートを一人で歌う場合などには、地声も取り入れて歌うことにより、自分の個性をより自然に表現することができるのです。

1-2.歌える曲の幅が広がる

裏声は低音になると弱くなるという性質があり、すべての音域を力強く発声することはできません。
また、裏声のまま、低音域を無理に力強く発声しようとすることは、のどを壊す原因にもなります。

一方、地声でも歌えるようになると、無理なく広い音域を力強く歌えるようになるため、歌える曲の幅が一気に広がります

地声と裏声の両方を使うことによって、その境目で起こるブレイク(裏返り)に抵抗感を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、地声と裏声は、トレーニング次第で滑らかに繋げることが可能です。
詳しくは地声と裏声をスムーズに繋げる3つの手順をご覧ください。

1-3.地声のような力強いミックスボイス(ミドルボイス)を作り出すことができる

例えば、MISIAさんのように高音域を力強く歌うためには、ミックスボイス(ミドルボイス)というテクニックを使います
そして、このミックスボイスを作り出すには、地声で使う筋肉と裏声で使う筋肉が同程度の強さを持つ必要です。

普段裏声ばかり使っている人は、裏声の筋肉ばかりが発達しているおり、地声の筋肉はあまり育っていません。
積極的に地声で歌うことで、地声の筋肉を鍛えることができれば、力強いミックスボイスを作り出すことも可能となるのです。

※ミックスボイス(ミドルボイス)については、1オクターブ高い声だって楽に出せるミックスボイスとはをご覧ください。

2.地声で歌えない原因

地声で歌えない原因をご理解いただくために、まずは地声と裏声の違いについて簡単に解説します。

のどの中には、声帯という向かい合う二枚のひだがあり、呼吸時には開き、発声時には閉じます。
そして、この閉じた声帯の間を息が通ることにより、声帯が振動し、声が作られます。

地声を出す時には、声帯を閉じる筋肉が中心となって働くことで、声帯がしっかりと閉じ、声帯自体も分厚く、短くなります。
その結果、声色は力強い太いものになります。

それに対して、裏声を出す時には、声帯を引き伸ばす筋肉が中心となって働くため、声帯の閉鎖は弱まり、声帯自体も薄く、長くなります。
その結果、声色は地声よりも弱々しく細いものになります。

声を出す時は、声帯を閉じる筋肉と声帯を引き伸ばす筋肉が連動して働き、声帯を閉じる筋肉が優勢に働くと地声声帯を引き伸ばす筋肉が優勢に働くと裏声になるというわけです。

そして、普段裏声だけで歌う習慣がある人は、声帯を引き伸ばす筋肉ばかりを使っているために、声帯を閉じる筋肉が衰え、地声で歌うことができなくなってしまうのです。

※綺麗な裏声の出し方については、【ファルセット】誰でも簡単!綺麗な裏声を出す7つのコツ!をご覧ください。

【宣伝】
ボイストレーニング教室LogiVoの体験レッスンでは、なぜあなたは上手く声が出せないのか、その原因を科学的に分析し、最も効果的なトレーニング方法をお教えします→詳しく見てみる

3.力強い地声で歌うための3つのコツ

力強い地声で歌うためには、声帯をしっかりと閉じる習慣を身につけることが重要です。
ここからは声帯を閉じる3つのコツについて解説します。

3-1.地声で歌うことに対する抵抗感をなくす

長年裏声で歌うよう指導されてきたことで、地声は「のどに悪い声だ」、「地声で歌うことは良くない」と思い込んでしまっている場合があります。

また、いざ地声で歌う練習を始めても、「これは間違った発声方法に違いない」と思い、途中でやめてしまうこともよくあります。
これは、声帯を閉じる筋肉が衰えているため、普段から地声で歌っている方よりも負担を感じやすくなるためです。

声帯を閉じる筋肉が鍛えられていけば、その負担はだんだんなくなっていきます
地声は決してのどに悪い声ではなく、ただ、地声を出すための筋肉が衰えているだけなのです。

適切なトレーニングをすれば、誰でも地声で歌うことができるようになります。
今までの固定観念を思い切って取り払い、安心して地声で歌う練習を続けてください

3-2.声帯を閉じる感覚をつかんで声を出す

声帯が閉じている感覚をつかみ、その状態のまま声を出すことで、地声で歌うことができるようになります。

3-2-1.息を止めて声帯を閉じる感覚をつかむ

息を止めることで声帯を閉じる感覚をつかむことができます。
まず『あ』の口を作り、次の録音のように、息を止めてみてください。

このとき、のどの奥の方で何かが閉じたような感覚があると思います。これが声帯が閉じた感覚です。
息の止め方が強すぎると、のどが締まってしまいます。強く止めすぎないように注意してください。

3-2-2.エッジボイス(ボーカルフライ)で声帯を閉じながら声を出す感覚をつかむ

今度は声帯を閉じながら声を出す感覚をつかみます。
息を止めて声帯を閉じる感覚がつかめたら、そのまま、できるだけ低い音で小さな声を出そうとしてみてください。
するとこんな声が出ると思います。

これは、声帯が上手く閉じた時に出すことができる声で、エッジボイス(別名ボーカルフライ)と呼ばれています。
ホラー映画の『呪怨』で登場する声なので、そちらでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

この音をしっかり鳴らすことで、声帯を閉じながら声を出す感覚を身につけることができます

※そもそもエッジボイスが上手く出せないという方は、エッジボイスの出し方がわからない人が押さえるべき6つのことも併せてご覧ください。

3-2-3.エッジボイス(ボーカルフライ)を持ちあげて声を出す

エッジボイス(ボーカルフライ)で声帯を閉じながら声を出す感覚がつかめたら、今度はそのエッジボイスを持ちあげて声を出す練習をしてみましょう。
息漏れの少ない力強い声が出たら、それが地声です。いつでも地声を出せるように、何度も繰り返し練習してみましょう。

3-2-4.地声で話す練習をする

地声を出すことができるようになったら、日常会話の中でどんどん使ってみましょう。
長年の習慣を変えるためには、かなりの時間が必要となります。

地声を使う時間が長ければ長いほど、地声で歌えるようになる日も近くなります。積極的に毎日地声を使っていきましょう。

3-3.話し声の延長で声を出す

歌は裏声でしか歌えないけれど、話し声は地声という方もいらっしゃいます。
そのような場合は、話し声の延長で歌を歌うことで、地声で歌うコツをつかめることがあります。

話し声を徐々に歌声にしていきます。
ここでは、最後の母音が『あ』となるように『こんにちは』という言葉で練習しています。慣れてきたら他の母音で終わる言葉にも挑戦してみてください。
このとき音の高さは気にする必要はありません。普段話をしている高さで練習してみてください。

4.まとめ

地声で歌うメリット

  • 自分の個性が表現しやすくなる
  • 歌える曲の幅が広がる
  • 地声のような力強いミックスボイス(ミドルボイス)を作り出すことができる

力強い地声で歌う3つのコツ

  • 地声で歌うことに対する抵抗感をなくす
  • 声帯を閉じる感覚をつかんで声を出す
  • 話し声の延長で声を出す
LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、動画でもボイストレーニングを解説しています。ぜひご登録ください。

 

コメント一覧
  1. 歌恋(かれん) より:

    こんにちは。アドバイスを頂きたくてコメントさせて頂きました。
    音楽大学のボーカルコースに通っている女子大生の歌恋と申します。小さい頃から声楽科出身の母の影響もあり、裏声でしか歌を歌っておらず中学生の時はコーラス部でバンバン裏声でソロなどやっていてどちらかと言うと裏声が得意でした。しかし地声で歌いたくて地声で歌ってみたのですがベタッとした苦しい声になってしまい、普通の低音でも出ませんでした。しかし大学のボーカルコースに入りたくて高校3年生から1年間、今の大学のレッスンの先生にボーカルを習い、地声で歌う、という練習をしました。しかし全く成果はでず、伸びるどころかもともと喋り声も高かった声がハスキーになってしまいガラガラで、歌声も相変わらずの苦しいベタッとした歌声で、高音どころか低音でもフラつきひっくり返ってしまい、得意だった裏声も出なくなってしまいました。やはり私の生まれ持った喉の作り的にも、地声で歌うという事は向いていないのでしょうか?大学の方針でブラックミュージックを地声で歌うというのが鉄則で、裏声で歌うと言う事がなかなかできません。地声に聞こえるくらいもっと裏声を強化すべきか、それとも地声で頑張って歌うか、ミックスボイスを習得するか。本当に悩んでいて、ボーカルコースなのに地声でも裏声でも歌を歌えなくて本当につらいです。もしよければアドバイス頂けると幸いです。突然の長文のコメント、ごめんなさい。藁にもすがる思いでコメントさせて頂きました。
    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    • 伊藤 俊輔 より:

      歌恋様

      コメントありがとうございます。
      喋り声がハスキーになってしまい、ガラガラで、低音でもフラつきひっくり返ってしまい、裏声も出なくなったとのことですが、正直に申し上げて、喉の状態は良いとは思えません。

      直接聞いてみないことには、正確に判断することはできませんが、恐らく歌恋様の地声の出し方が、喉に過剰な負担をかけ続け、喉に非常に悪影響を及ぼしていると思われます。

      今の練習を継続することは、危険性が高いと考えますので、出来れば一旦地声での練習を中止し、裏声での練習に切り替え、声の回復を待たれることが良いかと思います。(裏声の練習には声の機能を回復する効果があります。)

      ただし、誰の喉にも地声を発声するための筋肉は存在しますので、喉の作りとして、地声で歌うことが向いていないということはありません。

      また、裏声は強化しても、裏声の筋肉単独では強くなるのにも限界があり、ブラックミュージックで使うような声には、地声の筋肉の関与が必須になります。

      しかし、地声だけで頑張って歌うということも、歌手としての寿命を短くしてしまうものです。

      私の判断としましては、まずは、一度地声の訓練を休止し、声の回復を待ってから、無理のない方法で(正しい方法で)地声を出す訓練をし(これには非常に時間がかかります)、最終的には地声と裏声の中間的な声であるミックスボイスを習得することが必要と考えます。

  2. 歌恋 より:

    ご丁寧なお返事を頂き本当にありがとうございます。読ませていただき本当に納得しまひた。
    実はずっと病院に通っており、好酸球性副鼻腔炎という事がわかりました。膿を出して鼻の詰まりを取り除くことを今は優先して薬で治療していますが、喉の事も相談すると好酸球菌という菌からきてるのもあるかもしれないと言われ(もちろん私の間違った発声の方法が1番の原因だとは思いますが…)、鼻からカメラを通して声帯の状態を見てもらうと、お医者様も驚くほど何もなっておらず、酷く乾燥しているわけでもなく、ポリープが出来ているわけでもなく、傷んでるわけでもありませんでした…。
    やはり私の発声の方法が悪かったのかなあと思い、毎日喉にミストを直接当てるのと、生理食塩水での鼻うがい、そして家にいる間は一切喋らない、というようにしています。
    9月を過ぎるとまた学校が始まり毎日歌わないといけない日々が来るのでなんとか治したいなあと思っております。
    頂いたアドバイスを参考にして自分の声を変えていけるように時間はかかると思いますが、努力したいと思います。(短大なので2年間の間で相当頑張らなくてはいけませんね(*_*) )
    突然のコメントにも関わらず沢山のアドバイスを頂き本当にありがとうございました。とても悩んでいて頭を本当に抱えますが少しずつ地声の筋肉も鍛え、変えていきたいと思います。
    本当にありがとうございます。

    • 伊藤 俊輔 より:

      歌恋様

      医師ではありませんので、好酸球菌が発声に影響するものかどうかについてはコメントしかねますが、
      地声の使いすぎ(張りすぎ)により、裏声が出にくくなる例は多くあります。
      喉に異常を感じるようであれば、地声のトレーニングについては慎重に取り組まれることをお勧めします。

      一度声を聴いて判断してほしいということであれば、無料体験レッスンで声のカウンセリングを行っておりますので、ご興味がございましたら、問い合わせフォームからご連絡いただければと思います。

      この度はコメントをいただきまして、ありがとうございました。

  3. 名無し より:

    やったー!!!俺やっと皆に自慢できるくらいにできた!本当に感謝致しますm(_ _)m

  4. r.o より:

    こんにちは。こといらのサイトを見て、練習させていただいております。
    そこで一つわからないことがあったので質問させていただきます。

    エッジボイスからの延長で声を出す際は喉は閉めたままなのでしょうか?

    やろうとすると、どうしても喉が開いてしまいます。

    • 伊藤 俊輔 より:

      r.o様

      当記事を参考にしていただき、誠にありがとうございます。

      エッジボイスの延長で声を出す際には、喉は開いていて大丈夫です。
      喉は開きながら、声帯だけを締めるようにして練習してみてください。

  5. 石田 より:

    コメント失礼します。
    発声筋は正しい発声で歌ったり、しゃべったりしていたら自然と鍛えられるもので、エッジボイスから声に変えるのは喉声になって喉を痛めると聞いたことがあるのですが、それでチェストボイスを練習しても大丈夫でしょうか?

    • 伊藤 俊輔 より:

      力んでエッジボイスをしている場合には、そのまま地声に繋げると喉声になる可能性がありますが、当サイトの録音のように楽にきれいにエッジボイスが出せていれば、そこから声に変えても喉声にはなりません。
      エッジボイスのクオリティを大切にしてください。

  6. ネコザメ より:

    こんばんは。コメント失礼します!
    私は話す時は地声で、歌う時になると裏声になるタイプなのですが低音は地声で気持ちよく歌えても高音になると掠れて上手く歌えません
    話し声の延長のような感じで歌うとある程度までは出るのですが限界を感じます
    そういう時は、もう裏声で歌った方がいいのでしょうか?
    それとも地声で発声する方法とかありますか?

    • 伊藤 俊輔 より:

      ネコザメ様

      コメントありがとうございます。
      高音というのがどのあたりの音域なのかにもよるのですが、一般的な歌手が地声らしく歌っている音域であれば、トレーニングにより地声らしくで歌えるようになります。
      (ミックスボイスも含めて「地声らしく」と表現しています。)
      ただ、地声らしく高音域を出せない原因は多岐にわたるため、どうすればよいか、一言でお答えするのが難しいところです。
      大変恐縮ですが、当教室の体験レッスンを受講いただければ、原因となっていることも分析できます。
      どうしても難しいようでしたら、受講を検討いただければ幸いです。

  7. 小池 より:

    こんばんは、コメント失礼します。
    私は1〜2拍分なら地声で高い音を歌うことが出来るのですが、今チャレンジしている曲は「H」でローテンポで8拍間伸ばさなくはいけないです。どうしても揺れてしまうのですが、持続して地声をパーンと伸ばすにはどうしたら良いですか。

    • 伊藤 俊輔 より:

      小池様

      コメントありがとうございます。
      高い声が安定しない原因は多岐に渡るため、あくまでコメントの記載内容から可能性の高い一般論をのべさせていただきます。
      的外れでしたらすみません。

      高音は出るが、声が揺れて安定しない場合、顎の下の筋肉が固く緊張している可能性があります。これは舌の緊張からくるものです。
      その緊張を自覚して緩めることができればもう少し安定するかもしれません。

      いずれにせよ、実際に時間をかけて分析してみなければ正確なジャッジは難しいというのが本音です。
      誠に恐縮ですが、もしよろしければ、当教室の体験レッスンの受講もご検討ください。

  8. あひる より:

    伊藤様,
    こんにちは,あひると申します.コメント失礼いたします.

    私は長年声帯を使って声を出すということを意識することなく話しており,英語のスピーチの練習をする際に自分の声を聞いて,地震の声が空気が抜けており,鼻に詰まった声であることに気がつきました.
    そこで色々調べエッジボイスというものを知り,伊藤様のページが非常に参考になったため,数ヶ月練習した結果エッジボイスは出せるようになりました.
    一方で,ガラガラした声は出せるもののまだどこか空気が抜けた芯のない声となっており,直し方がわからず困っております.
    多くの一般的な人の声を聞いてもあまりガラガラした声であったり,空気が抜けたような声を聞くことはないので,普通の方なら無意識的にできることなのだと思うのですが,何か意識すべきことや直し方等をご存知でしたら教えていただけると幸いです.
    大変長くなり申し訳ございませんが,よろしくお願いいたします.

    • 伊藤 俊輔 より:

      あひる様

      ご質問ありがとうございます。
      この記事で書いてあることはできているが話し声に応用できない場合どうすればよいかという趣旨として回答させていただきます。

      鼻に詰まった声ということですので、おそらく声が鼻に流れていないと推測しますが、念のため鼻に指を当てて声を出してみてください。
      ナ行、マ行以外で鼻に振動がくる場合には、声が鼻に抜けており、それが原因で息が漏れていると考えられます。
      この場合には鼻に声を抜かないようにして話すように心がけてください。

      また、鼻が振動していない場合には、発声時にお腹が急速に縮んでいっていないか確認してみてください。
      お腹が急速に縮んでいく場合には横隔膜が発声時に緩んでしまっていることが考えられます。
      この場合には息を吸ってためておく力が必要になります。吸った息を保ちつつ話すように心がけてください。

  9. さりな より:

    バンドのボーカルをいざやろうとしてしたら地声が出ないとこんなにも上手く歌えないのだと初めて気づいてこの記事を見させて頂きました。私は裏声であればMISIAのホイッスルボイスまでは上手くいけば出せますが地声は気づいたら出せなくなっていました。それで質問なのですが、裏声がホイッスルボイスまで出せていて地声がちゃんと出せるようになれば歌の幅が広がる以外にメリットってあったりしますか?

    • 伊藤 俊輔 より:

      さりな様

      ご質問ありがとうございます。
      ホイッスルボイスについては、歌の幅が広がる以上のメリットはそれほどないと思います。
      それに対して地声については、ダイナミクスの幅が大きくなるのが最大のメリットですね。特に低音域の裏声の声量にはどうしても限界があり、ダイ

      また、裏声では声帯の筋肉をほとんど使いませんので、裏声ばかりですと声帯の筋肉が痩せていくことが考えられます。
      長期的な目線で声帯の健康を考えるとやはり地声と裏声をバランスよく使っていく必要があります。

  10. みけ より:

    はじめまして。コメント失礼いたします。

    私は女性で、普段の話し声は低くボソボソとした感じですが(聞き取りづらいと言われます)、歌う時は高い声をだすのが楽で、声量もけっこうでます。(裏声なのかミックスボイス?なのかわかりません)

    たとえば、LISAさんの「紅蓮花」の歌の最初だと、「泥だらけの」は楽に歌え、「走馬灯によう こわばる心」がつらいです。
    (わかりづらくて申し訳ございません)

    一応声は出ますが、潰れてあまりきれいじゃなく、「歌っている」という感じがしません。
    コーラスをしている母からは、低音で声がつぶれてきたないと言われます。(コーラスのような歌い方になりたいわけではないのですが)

    この歌いづらい部分で、この記事のような発声をするのがよいのでしょうか。

    • 伊藤 俊輔 より:

      みけ様

      コメントありがとうございます。

      高い声が得意、低音がつぶれてしまうということから一つ懸念があるのですが、低い音域はどこまで出るでしょうか?
      上手く出せない部分が自分の最低音付近だとすると、練習しても綺麗に出すのは難しいのですが。

コメントを残す

関連キーワード
地声, 解説ブログの関連記事
あなたの声を科学的に診断!最も効果的なトレーニング教えます!

「ブログ、Youtube、書籍など、情報はたくさんあるけれど、結局自分は何をやればよいのかわからない。」

こんなお悩みありませんか?

LogiVoの体験レッスンでは、なぜあなたは上手く声が出せないのか、その原因を科学的に分析し、最も効果的なトレーニング方法をお教えします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事