地声と裏声をスムーズに繋げる3つの手順
The following two tabs change content below.

伊藤 俊輔

「お腹から声を出して」「頭に響かせて」といった感覚的なものではなく、解剖学等の根拠に基づいた、論理的かつ具体的でわかりやすい指導をモットーとする京都大学法学部卒のボイストレーナー

あなたは、地声と裏声の切り替えがうまくいかず、声の強さや音質が急に変わったり、音が不安定になることはありませんか?

これらのお悩みは、地声と裏声をスムーズに繋げることができると解決します。

この記事では、地声と裏声をスムーズに繋げるトレーニングをご紹介します。
このトレーニングをしっかりと練習すれば、必ず地声と裏声を繋げられるようになります。
ぜひ参考にしてみてください。

1.「地声と裏声をスムーズに繋げる」とは?

まずは、私の録音を聴いてみてください。

1-1.【失敗例】

 

【失敗例】では、地声と裏声の境目で声がコロッとひっくり返り、声質の変化が目立っています。

1-2.【成功例】

 

それに対し、【成功例】では、地声と裏声がスムーズに繋がり、どこで地声と裏声が切り替わったのか分かりにくくなっています。

※ミックスボイスという用語は、『地声と裏声の中間的な声』を指す場合だけでなく、このように地声と裏声の境目をスムーズに繋げるテクニックを指す場合もあります。
地声と裏声の中間的な声を意味するミックスボイス(ミドルボイス)について詳しく知りたい方は、『1オクターブ高い声だって楽に出せるミックスボイスとは』をご覧ください。

 2.なぜ地声と裏声がスムーズに繋がらないのか

地声と裏声がスムーズに繋がらない原因は、地声と裏声の「声量 」、「声質」、「発声のフォーム」にギャップがあることです。

例えば、

「高い地声は強くしか出せないのに、裏声は弱々しくてスカスカ」

「地声で高い声を出そうとすると、あごが上がってしまう」

という状態では、地声と裏声の声量、声質、発声のフォームにギャップが生じてしまうため、スムーズに繋げることが難しくなるのです。

3.地声と裏声をスムーズに繋げる3つの手順

それでは、地声と裏声をスムーズに繋げるトレーニングをご紹介します。

3-1.自分の声を分析する

まず自分の声の状態を知ることが第一歩です。

地声の方が強いのか?裏声の方が強いのか?
地声と裏声に声質の差はないか?
地声と裏声でフォームに違いはないか?

自分の声やフォームを客観的に分析します。

3-2.地声と裏声のバランスを整える

自分の声の分析が終わったら、地声と裏声のバランスを整えていきます

地声が強すぎる場合は声量を抑え、裏声を強化していきます。
反対に、地声が弱すぎる場合は、裏声が強すぎるということはあまりないので、地声を強化することに集中すれば良いでしょう。

声質は、裏声の息漏れを少なくしていくことで統一感を出し、フォームが極端に変わらないように整えていきます。

3-3.地声と裏声をスムーズに繋げてみる

地声と裏声のバランスが整ったら、実際に繋げていきます。
次のようなステップを踏めば、だんだん繋げられるようになると思います。

3-3-1.得意な母音をサイレンのような声で繋げてみる

1-2.の【成功例】のように、まずはサイレンのように滑らかに音を移行させながら繋げる練習をします。

例では「ア」の母音で繋げていますが、得意な母音から練習を始めるのがコツです。

音の動きについては、上昇の方がやりやすい場合は上昇から、下降の方がやりやすい場合は下降から始めると良いでしょう。

最初は、大きな声だと繋げることが難しいかもしれません。
なかなか繋がりにくい場合は、できるだけ小さな音で行うと繋げる感覚がつかみやすくなります
繋げる感覚が分かってきたら、だんだん音量を大きくしてください。

3-3-2.慣れてきたら別の母音に挑戦

繋げる練習をしていると、はじめのうちは10回に1回成功していたのが、10回に3回、10回に5回といったように、成功率が上がってきます。
ある程度成功率が上がってきたら、今度は別の母音でも繋げられるように練習していきましょう。

母音が変わると意外と難しく感じると思いますが、歌の中で使っていくためには、どの母音でもスムーズに繋げられる必要があります。

3-3-3.音階で繋げてみよう

どの母音でもスムーズに繋げられるようになったら、『ドレミファソラシド  』と音階で繋げてみましょう
音階にすると急に難易度が上がります。慣れないうちはできるだけゆっくりやると上手くいく可能性が高まります。

4.まとめ

  • 自分の声を分析し、地声と裏声の「声量 」、「声質」、「発声のフォーム」を整える
  • まずは得意な母音からサイレンのような声で繋げてみる
  • 慣れてきたら別の母音でもサイレンのような声で繋げてみる
  • 最後は音階で繋げていく
今だけ体験レッスンを再開しています

記事の内容を試してみたけれど、正しく練習できているか不安。。。

そんなときは、体験レッスンの受講がおすすめ。
体験レッスンは通常のレッスンの半額で、レッスンを受講することが可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事